大連の小さなコーヒー店

大連の小さなコーヒー店に行ってきました。

朝、大連市内をぶらぶらして錦州銀行の向かい側の路地を入ると小さなコーヒー店がありました。

店のインテリアは木目のきれいな日本のコメダコーヒー店を小さくしたようなつくりです。

中に20代と思われる女性がひとりおり、話をすると1か月前に開店したばかり、いままでアメリカ系の会社で働いており一念発起起業したようです。アメリカンを注文しました、味は日本のものとあまり変わらずおいしかったです。中国はコーヒー人口がまだまだ日本の数分の一、どの店に行っても味がいまいちでしたがこの店はうまい。カップが日本のものより少し大きく飲みきれない量でしたが、満足。話を聞くと家賃は月1万元ちょっと、内装費が1万元で安かったと言ってました。彼女はうまくいったらもう1店増やしたい、と言ってました。大連の女性起業家ガンバレ!

カテゴリー: ブログ