ブログアーカイブ
blog

5月14日中国ツーリズム”内モンゴル” 

いよいよ旅行シーズンになります。中国への旅行者のため、人気地域に関する豆知識を一から紹介するシリーズ講座を開始致します。

今回は中国北部の民族香り豊かな”内モンゴル”の紹介です。

開催時間:10:00~11:00

開催場所:PALアカデミー 教室

入場無料

<予約要>ご希望の方はお問合せメールから予約が必要です。

カテゴリー: ブログ

試験対策講座の第二弾!

先月のHSK試験対策講座に引き続き、今月の土曜日に中国語検定試験の対策講座を開講致します。在校生をはじめ、中国語検定試験を受ける予定がある方々、ぜひ奮ってご参加ください。

カテゴリー: ブログ

春です!春天来了!

春ですねー、皇居の千鳥が淵の桜も満開です。日本の春はこの桜に代表されますね。

日本の春は桜を語らずして進みません。室長の私は仙台生まれの仙台育ち、伊達政宗で知られる青葉城の桜も良いですよ。

ところで、当教室は先生は全員中国人です。大学で中国語の先生していたり、文学博士もおります。

日本人は社長の私一人です。日本人のこころで中国語を教える。というハイブリッド型中国語教室です。

私の経験から外国語の習得は英語をはじめマンツーマンによる学習が一番近道と考えます。

生徒一人ひとりは、その人の性格、習熟度、習熟進度がまちまちです。先生全員に、その個人々の属性をとらえた教え方をするよう指導しております。

先生も日本人気質を理解するという勉強が必要なんですね。

室長 櫻井

今月の中国語

春=春天(チュンティエン) 先生=老師(ラオシ) 生徒=学生(シュエション) 桜=櫻花(インホア)

カテゴリー: ブログ

妻は中国語で太太と云います。

”太太”です。”タイタイ”と呼びます。私たちは自分の妻のことをうちのヤツとか家内とか言いますよね。

太い太いと書きます。なんだか日本での”肝っ玉かあさん”をイメージしますね。ドシッとしていて夫より強いイメージがありますね。

中国では地方により様々な言い方がありますが中国のテレビはドラマも含め北京語、普通語を字幕付きで放送してます。

ですから方言も年々普通語が取り入れられていきます。ですから北京語ができれば中国旅行はほとんど問題なしです。

 

カテゴリー: ブログ

好評につき、2016年度の(★無料)HSK中国語標準検定試験対策シリーズ講座を毎週土曜日10時から開始致します。

カテゴリー: ブログ

2月になりました。中国では春節の月です。

中国ではこの春節が正月になります。ですから多くの地方から都市部へ働きに来ている人はこの時期に田舎へいっぱいのお土産をもって帰ります。交通混雑も一年で一番です。私たちの先生達も中国へ帰る人もおりますが、最近は先生たちは暖かい夏に帰る人も増えてきてます。航空路線の増大、運賃の低下により日本にいる中国人も春節に限らず自由に帰国しているようですね。

 

 

カテゴリー: ブログ

明けましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
今年もPALアカデミーをよろしくお願いします。
当校はマンツーマンレッスン一筋に10数年中国の授業を行って参りました。
過去の経験で多人数レッスンでは、どうしても年長者生徒さんが若い生徒さんに遠慮したり、引っ込み思案のひとは何も発話せずに終了してしまう、等など会話の輪に入りずらい空気が生まれてしまう場合がありました。
マンツーマンは生徒一人ひとりが存分に時間を征服できます。先生も個人の弱点をより深く理解し、弱点克服のための授業ができます。また、当校は予め決められた時間ではなく、生徒さんの希望時間になるべく沿うよう心がけております。
レッスン日時の変更は前日までであれば可能です。土日の授業は大変込み合いますが、熟練の先生の増員で予約可能となってります。
どうぞ、PALアカデミーを本年もよろしくお願いします。

カテゴリー: ブログ

様々な職業の方が学んでます。

携帯電話会社の海外出張の多いセクレタリー。
中国に工場のある企業の営業マン。
ソフトウェア会社の技術者。
中検、HSK合格を目指している方。
商社の台湾出張の多い営業担当者。
航空会社のCA。
東南アジアからの帰国子女。(英語での授業)。
主婦の方。生涯学習の一環として。
途中で中国語をあきらめていた方。
etc…..

カテゴリー: ブログ

冬の中国語無料体験レッスン実施中!

 当教室のマンツーマンの醍醐味を味わっていただくために無料体験レッスンを実施中!
マンツーマンレッスンは他の生徒に遠慮せず、恥ずかしがらず思い切ってレッスンできます。
当教室の先生はとにかくアクティブ!アグレッシブ!フレンドリー!
一度お試しください。

カテゴリー: ブログ

帰国子女のお父様お母様へ

帰国子女の方で日本語がまだ、わかりにくい場合、英語を使用しての授業もできますのでお気軽にお問合せください。

カテゴリー: ブログ